保健師 求人 養護教諭2種

養護教諭2種の保健師求人は?

保健師は、保健師の国家資格を得た後、保健師の登録を行い、文部科学省で定められた単位を一定数以上持っている場合、申請を行うことで養護教諭2種の免許を得ることができます(申請先は、都道府県教育委員会)。なお、養護教諭の1種は、保健師免許取得後、養護教諭養成機関に一定期間在籍して単位を取得することで取得することが可能となっています。

そもそも養護教諭とは、学校などの教育機関において、養護(保健)を行う教員のことを指します。所謂「保健室の先生」です。基本的に保健室などに常駐して、怪我・疾患の措置や対処を行ったり、健康診断などの健康管理業務などを企画実施する職員です。さらに、保健全体の主事を任される事もあり、水質・照度・空気検査のような環境における検査や、保健衛生の知識の啓蒙・啓発などを行うことになり、結果として様々な業務と責任を担うことになります。

もちろん、養護の対象は、学校の児童生徒ですが、最近では学校で働く教職員に対するケアも重視されており、場合によってはそうした業務も追加されることになります。

特に、最近は労働者のメンタルヘルスが重要視されており、教職のメンタルヘルスは様々な業種の中でもかなり過酷な状況にあるというデータもあるとされます。そういった中で、いかに学校全体が健康な状況で本来の責務(教育)を全うできるかは、養護教諭・保健師としての責任が問われる所ではないでしょうか。

なお、基本的に養護教諭は、学校における正規職員とされていますから、採用試験を受ける必要があります。応募はされていますが、1つの学校で何人何十人も採用されるわけではないので、狭き門であると考えるべきでしょう。特に、学校側の立場からすれば経験や実績を重視したいのが本音です。未経験はなかなか採用しにくく、どのような施設でどのような業務をし、どういった実績を残してきたか、そしてどんなことができるかが採用のポイントになってくることは、言うまでもないことです。もちろん、ゼロから学んで行くという意味で若い保健師を養護教諭として採用するケースもありますが、希なケースだと言えるでしょう。

こういった事情は、基本的に求人には記載されないことが多いようです。「経験者」とだけ書かれていて、いざ応募したら「この程度の経験年数ではちょっと」と言われることも珍しくありません。そうなると応募自体も無駄になってしまいますので、できる限り事前に確認し、誰が見ても経験豊富と言えるような経験を積んでから挑むのが良いかも知れません。

保健師求人サイト人気ランキング