保健師 求人 大学

保健師の求人は大学である?

保健師の求人は一般的にどのようにして見つけるのでしょうか? 多くは転職会社・派遣会社などの募集から見つけますが、実は大学でも見つかる可能性があります。

保健師は、基本的に看護師の国家資格を取得した後、保健師養成課程を経て、保健師の国家資格を取得することで資格を得ることができます。このうち、既に看護師の資格を所有している人が保健師になるために保健師養成課程を受けるための学校である「保健師学校」というものと、高卒から4年制で卒業までに看護師及び保健師の受験資格を得ることができる「大学型」が大まかに分類すると存在します。

大学で求人を見つけることのできるケースというのは、この後者の場合で、看護師かつ保健師の資格を取得して卒業していくわけですから、保健師としての求人・就職先があることは当然と言えます。

大学自体が保健師を必要とする企業や施設等と連携を取っており、そこから求人情報を収集し、学生に斡旋するわけです。ですから、初めから看護師+保健師というつもりで大学に行けば、3〜4年生で保健師の求人を探すことはできるかもしれません。ただし、多くの場合、保健師は経験を問われることから、なかなか新卒の保健師という募集は少ないのが現状だと考えられます。言うまでもなく圧倒的に多いのは看護師としての募集でしょう。

看護師として充分に経験を積んだ後、保健師として転職するというのが、現実的な保健師としての働き方と考えられます。ただ、施設などによってはゼロから保健師を育てたいという所もないわけではありません。既に看護師・保健師としての基礎的な知識・技術の習得が済んでいるわけですから、それだけでも十分と考える所もあり、さらに必要なことは入社後の研修等で習得させることもあり、新卒の保健師求人も少しずつ増えてきている傾向もあるようです。

保健師というのは、その企業や施設に応じた健康管理・増進、さらに予防などの対策を講じなければいけませんから、社会経験は少なからず求められます。ですから、そういった社会的な下地を看護師の現場で習得して、保健師として働いたほうが、より濃度の高い仕事ができるというのが一般的な考えです。心の疾患などが増えていることから、多くの経営者や責任者がメンタルヘルスについて深い関心を持っています。保健師はその手助けをすることのできる数少ない有資格者です。その要望をしっかり汲み取って成果を挙げるには、やはりそれなりの社会経験とコミュニケーション経験が必要ではないでしょうか。

保健師求人サイト人気ランキング