産業保健師

産業保健師とはどんな保健師?

保健師の中には産業保健師と呼ばれる方もいて、一般的な会社員と同じように企業で働く保健師の方です。会社には業績を上げて従業員に給料を出し、社会貢献を行ったり株主にその利益を還元することも求められます。

 

しかし同時に、今は従業員の健康管理を考えることも強く求められています。
以前はかなり軽視されていた分野なのですが、最近はほとんどの経営者が当たり前のこととしてとらえている課題です。

 

企業は従業員の健康管理のためいろいろな手段を講じる必要があり、その中には「産業医」を設けなければならないというものがあります。労働安全衛生法で一定以上の規模の事業場には産業医を選任する必要があると定められていて、従業員の健康管理などにあたります。ただこの産業医は企業で直接雇用する必要はなく、多くは委託契約となります。そのため、常に会社にいて従業員の健康管理に気を配ることができる立場とはなりません。

 

むしろ従業員の普段の健康管理・健康教育などに従事するのは産業保健師の方が中心となります。産業保健師は特に法律で定められているものではありませんが、多くの企業がこの産業保健師を採用しています。

 

従業員の病気やけがを治療する目的ではなく、病気を予防するためにこの産業保健師は非常に大きな役割を果たします。特に最近は生活習慣病・うつ病といった病気の増加に歯止めをかけることが期待されています。

 

産業保健師の方は、年1回(仕事によっては年2回)の健康診断に基づき従業員に適切な指導を行ったり、従業員から寄せられる健康相談にこたえていきます。

 

その結果必要であれば会社と相談を行い必要な対策を講じ、または提案していくことも大切な仕事です。この産業保健師の方は普通企業が直接雇用を行うため、出社時間や退社時間なども決められていて仕事ぶりが評価されることも当然あります。やりがいとしては、やはり従業員の方からいろいろな相談を受けることで健康増進に尽くせるということが一番でしょう。

 

保健師向けに開設されている転職サイトであれば、この産業保健師になるチャンスも開けてきます。産業保健師の採用は保健師・看護師としての経験などが高い評価を受けることもあるため、勤務が長くベテランの域に達している保健師の方も転職可能です。地域でよい産業保健師の求人が出ていないか、まずは転職サイトに登録して確認してはいかがでしょうか。サイト上で情報が公開されていなくても、非公開求人が出されていることもありますよ。

保健師求人サイト人気ランキング