保健師 求人 公務員

公務員の保健師求人の事例は?

保健師は国家資格ですので、民間はもちろん、公的機関で公務員として働くという選択肢もあります。そういった保健師のことを「行政保健師」と呼び、行政保健師には大きく分類して保健所保健師と市町村保健師があります。

まず保健所保健師ですが、その名の通り各都道府県や都市に配置されている地域保健として広域に保険業務を行っている保健所で働く保健師のことを指します。こうした保健所の業務は、母子保健(子育て支援)、精神保健福祉(心の疾患、悩み相談)、健康管理・相談・予防措置、などが挙げられます。また、独居老人へのケアなど高齢者対策も地域の保険業務として行っており、このように業務は多岐に渡ります。

そして、市町村保健師は市町村にある保険センター・児童課・家庭課・国民年金課などに勤務することが多く、住民の保健福祉におけるサービス業務に従事する保健師のことを指します。特に最近では、虐待問題、メンタルヘルス、男女共同参画などの様々な活動が展開されていることもあり、単なる怪我や病気の予防や健康管理に留まらず、生活におけるあらゆる旗振り役・橋渡し役としての職務が期待されていることが多いようです。

なお、上記のように、保健所保健師と市町村保健師は、所属こそ違えど、業務としては重なっている部分も多く、割り振りは明確になっていないというのが実態ではあります。そのため連携・協同のための会議などが開かれることも多いようですが、予算やリソース(人員)などの関係で、スムースな連携が取られてないことも珍しい話ではありません。

そうなると困るのが住民です。保健所に問い合わせればいいのか、市町村の役所等に相談すれば良いのか分からなくなってしまいます。最近では、保健所や役所もホームページを持ち、情報公開を進めていますので、そういった混乱は少なくなってきましたが、未だ地域によっては不明確になっている場所も存在しています。

さて、保健師として公務員へ就職する場合、当然のことながら公務員採用試験に合格する必要があります。そう考えると、民間企業と異なるように見えますが、要するに選考です。知識はもちろんのこと、自分の実績や職能がマッチしていれば合格する可能性は高まると言えます。ですが、あくまでもそれはスタートで、大切なのはそこからどんな仕事をするかという点にあります。公務員だから安泰という時代は、もはや終わりつつあります。価値のある仕事をしなければ、どんどん切り捨てられてしまう時代です。自分の仕事は価値を生んでいるか?ということを常に気にしながら仕事をしていくべきだと言えるでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング