保健師 沖縄 離島

沖縄など離島での保健師求人は?

保健師としての仕事に疲れてしまったら、どうしますか? 保健師の仕事は看護師よりも肉体的にきつくないとはいえ、行政保保健師などは縦割り社会で人間関係に疲れてしまうケースが少なくないです。自分の問題でなくても、家族が原因で引越しをよぎなくされるケースもあります。その場合は、思い切って沖縄など離島へ移住してみませんか?

保健師の仕事は沖縄でも豊富

全国的に景気が落ち込んでおり、就職状況があまり良いとは言えない現代です。特に沖縄は全国平均以上に景気が落ち込んでおり、有効求人倍率が全国でもかなり悪い方にあります。有効求人倍率とは、仕事を探している人に対して、何個求人が出回っているかを示す数値です。沖縄に移住したいと考える人は多いですが、この求人の少なさがネックとなって、移住に踏み切れない人も多いです。保健師も同じ状況なのでしょうか?
答えを言えば、保健師の仕事は沖縄においてもたくさんあります。例えば、

行政
病院
介護福祉施設
地域包括支援センター

など、色々な施設から求人が出ています。出回っている求人の詳細を1つ1つ紹介するスペースはありませんが、沖縄に移住しても保健師の場合、仕事に困るリスクはかなり低いです。何しろ、保健師のあなたは看護師と保健師の国家資格をWで持っているのです。養護教諭や産業カウンセラー、精神保健福祉師など+αの資格を重ねて持っていたら、鬼に金棒です。今以上に高い給与、今以上に働きやすい勤務体系で雇ってもらえる可能性もあります。

沖縄の求人を探したければ、ハローワークや転職支援サイトなどを利用しよう

とは言え、沖縄に移住するといっても、人によって就職活動のしやすさが変わってきます。鹿児島県に住んでいる人と、山形県に住んでいる人では、転職活動のフットワークが変わってきますし、現在働いている人と、現在休職中の人でも仕事探しのスタイルは変わってきます。ですが、現状がなんであれ、ハローワークや民間の企業が運営する転職支援サイトなどに登録して、インターネットで求人探しを開始すると良いです。自宅にいながら、ネットで沖縄の求人状況をチェックできますし、例えば民間の転職支援サイトなら、担当スタッフが就職先への渡航チケットなども手配してくれます。
現在沖縄に住んでいない限り、自力の転職活動はほぼ不可能です。まずはハローワークや転職支援サイトの登録から始めて下さい。その気になれば、保健師ならすぐに仕事が見つかります。本当に思い切れるのか、家族の合意が取り付けられるのかといった問題の方が、しんどいかもしれません。

保健師求人サイト人気ランキング