保健師 求人 産業カウンセラー

産業カウンセラーの保健師求人は?

最近注目を集める産業カウンセラーですが、メンタルヘルス・人間関係・キャリア開発を心理的なアプローチから支援する、人材のプロフェッショナルとも言える資格です。かつては国家資格でしたが、現在は民間資格となっています。ですが、取得難易度や知名度、信頼度は今も変わっていません(それどころか、この時代においてニーズは高まりつつあります)。

産業カウンセラーの大きな特徴は、コンサルタントのように解決策・解決案を提示するのではなく、労働者が自分で答えを解決できるように導くという点にあります。つまり、「労働者は自分の中に答えを持っている」という信念の元、様々なサポートを行うわけです。

さて、この産業カウンセラーは、研修や試験を受けることで取得できる資格ですが、国家資格である保健師とは資格としての関連はありません。ところが、この2つの資格を所有していると、突如、様々な企業から引っ張りだこになるのです。

と言うのも、産業カウンセラーは人の心を健康・健全に導くプロであり、保健師は人の身体を健康・健全に導くプロだからです。この両輪が1つになっている人物であれば、まさに企業が抱えている問題を一挙に解決してくれると考えるのが普通です。もちろん、それぞれに経験や実績が備わっていなければ、簡単に解決できるわけではありませんが、この2つの資格を所有できれば、就職において大きなアドバンテージとなることは間違いないでしょう。

ちなみに、そもそも産業カウンセラーという就職先はなく、多くの産業カウンセラーが独立しています。そのため、産業カウンセラーの求人は極めて少なく、保健師の求人に対し、産業カウンセラー資格を所持しているという形での応募という事になります。既に産業カウンセラーは民間資格となってしまいましたので、手当などは期待出来ませんが、それだけ高い知識・技術・経験を所有しているということで、労働者の心身の健康管理・増進に強い期待を持たれることは間違いありません。

そのため、高い裁量権を持たされることも珍しい話ではありません。そうなれば、いかにその権利を効果的に用い、よりよい職場作りができるかということを考えることが産業カウンセラー兼保健師の使命だと言えます。現代の労働者達は心身ともに疲弊しています。新しい感染症も登場しています。自殺率も高い水準のままです。これを防止するためには、産業カウンセラー、そして保健師の活躍が必要不可欠ではないでしょうか。常に様々な企業で、これらの資格・スキルを所有した人材は募集されています。人材派遣会社や転職エージェントなどを利用して、自分に最適な職場を探しましょう。

保健師求人サイト人気ランキング