保健師の役割

保健師の社会的な役割は?

保健師の方が求められる社会的役割は、行政保健師と学校保健師・企業保健師で大きく分かれているといえるでしょう。
行政保健師の場合、その役割は非常に多数あるため全てを1人の保健師の方で解決することはできません。基本的には役所や保健所・保健センターでチームの中の一員として仕事にあたっていくことになります。

 

行政保健師の役割は、国や自治体・担当エリアレベルにおいて公衆衛生管理や健康増進、福祉サービスの充実などを住民に提供していくことです。
商売ではありませんので「お客様」ではありませんが、相手にする方・サービスを提供する方はその地域の方全員といっても過言ではありません。直接健康相談などをするだけでなく、各関係機関と調整を行いいろいろな手続きをすることも大切な仕事です。時には「保健師」という仕事でありながら非常に事務的な、裏方の仕事が求められることもあるでしょう。

 

伝染病の予防や児童虐待の防止、高齢者の一人世帯のケアといったことも近年保健師の方が取り組むべき課題として認識されています。少子高齢化の中、児童福祉や高齢者福祉は非常に難しい問題ですが保健師の方の果たす役割は非常に大きいものがあるでしょう。

 

一方、企業保健師・学校保健師の方はその企業・学校に在籍している方の健康管理ということでその役割は非常に限定的です。もちろん、そのために為すべきことは非常にたくさんあります。

 

一番基本的なことは健康診断をしっかり受けさせ、その結果を元に一人一人に健康指導などを行っていくことです。時には逆に社員の方、生徒の方から相談を受けることもあるでしょう。

 

最近は体の健康だけでなく、メンタルケアについても取り組んでいくことが求められているので決して簡単ではありません。行政保健師と比べて、決して責任が軽い仕事というわけではないでしょう。

 

どちらのスタイル・やりがいを求めて働くかは人それぞれですが、やはり慎重に就職先・転職先は決定したいものです。地域の方に医療・福祉などを提供したいという使命感を重視するのであれば行政保健師が向いているかもしれません。

 

一方、「どのような役割をもつ」かではなく、「健康相談の仕事がしたい」というような仕事内容で決めるなら企業保健師・学校保健師ということもありえます。転職サイトの中には、看護師や保健師の方を専門に支援しているサイトも存在しています。そういったところで、専門コーディネーターの意見を聞くというのもおすすめです。

保健師求人サイト人気ランキング