保健師の給料

保健師の給料はどれくらい?

保健師の方の給料は比較的安定していて、特に公務員の方であればさらにその安定度が高まります。
公務員の方の場合、基本的には都道府県や市町村の地方公務員となるため一般的な公務員に比べても保健師が高いということはありません。
それでも400万から500万円は期待でき、各種手当やボーナスも充実しているためかなり待遇はよいといえます。

 

行政保健師でなくても、警視庁内の保健師や学校保健師といった公務員の保健師はほぼ同様の待遇を期待することができます。
もちろん、地方によっても若干給料が異なりますがどの地方でもその地域の平均水準はクリアするのではないかと思います。

 

ただ、同じ医療系・福祉系の職業で比べると医師・看護師・薬剤師に比べるとやや給料が低くなることもあります。
看護師は給料にかなり差がある職業ですが、看護師の方でも大学病院や国立・公立病院などで夜勤を含む看護師の方であればその分給料が高くなります。
保健師の方はあまり夜勤などに縁がないですから、その分看護師よりも給料が低くなることがあります。

 

保健師の方は、勤め先次第ですがそれほど高い地位の立場まで昇進していく可能性は高くありません。
勤続年数が長くなれば役職につくこともありますが、賃金上昇カーブはそれほど急にはならないでしょう。
そのため、保健師の方は給料やライフスタイルに合わせての転職も視野に入れておく必要があります。

 

保健師の方は企業保健師として働いても、それほど公務員と比べて給料が落ちないこともあります。
特に都市部の大手企業であれば、年収400万500万といった給料を期待できることもあります。
企業保健師の場合は経験を求められることも多いため、年収の平均が高くなる傾向もあります。
ただし民間の介護サービスを行う法人などでは、給与平均がそれほど高くないところもあります。
ここは元々給与平均が高くない業界ですので、仕方ないところかもしれません。

 

保健師の方が勤務条件にこだわって転職をなさるのであれば、保健師向けに展開されている転職支援サイトの利用で有利に進められます。
賃金や休日といった基本的な条件はもちろん、携わる仕事内容までしっかり考えながら転職することができるでしょう。
特に保健師は勤務する場所によって仕事内容が大きく異なりますから、非常に多くの方が重要視するポイントとなります。
健康相談・健康指導が中心の仕事になるのか、もっと幅広い仕事が求められているのかということはよく確認しておきたいところです。

保健師求人サイト人気ランキング