保健師 求人 衛生管理者

衛生管理者の保健師求人は?

衛生管理者とは、国家資格のひとつで、労働安全衛生法に則り定められた資格です。その目的は、労働環境における衛生・健康の管理とされています。労働安全衛生法は、ある程度の規模以上の事業所において、衛生管理者の専任を義務づけています。例えば、50人以上の200人以下の場合は1名、200人以上500人以下の場合は2名などのように、労働者・従業員の数(すなわち規模)に応じた衛生管理者を設置しなければいけないことが法律で定められているのです。

同様の設置義務があるものとしては、衛生委員会、産業医などがあります。衛生管理者の仕事は、労働安全衛生法によれば「労働災害の防止、危害防止基準の確立」「責任体制の明確化」「自主的活動の促進」「労働者の安全と健康の確保」「快適な職場環境の形成」などが挙げられ、その役割は多岐に渡ると言って良いでしょう。

さて、保健師の資格を持っていると、この衛生管理者の資格を申請のみで得ることができます。試験なども必要なく、都道府県労働局へ申請を行うだけで、第1種衛生管理者の資格を得られるのです。つまり、看護師の資格を経て、保健師の資格を持っている場合、第1種衛生管理者の知識・技術を網羅していると考えられているわけです。

そんな衛生管理者の保健師求人ですが、基本的に新しく事業者ができれば、(一定以上の規模である限り)必ず衛生管理者を設置しなければなりませんので、求人が途絶えるということはほとんどありません。また、大規模な事業所になると、複数の衛生管理者を雇用することもありますので、保健師の就職先としては門戸の開かれている分野のひとつではないかと考えられます。

もちろん、保健師として行ってきた仕事が、そのままスライドできるわけではありません。従来の健康管理・増進に加え、労働者・事業の衛生面においても管理を行い、その責務を担うことになるわけですから、新しく学ぶべきことは極めて多いでしょう

しかし、場合によっては千人規模の企業の健康を管理するという、普通ではなかなかできない体験をするチャンスもありますので、まずは衛生管理者の資格を申請し、求人を探してはいかがでしょうか。

今後、怪我や疾患、感染症などはもちろんのこと、メンタルヘルスなど、労働者にふりかかるリスクは増加する傾向にあると言えます。衛生管理者、そして保健師はそういったリスクから労働者を守る関所ですから、その意義をしっかりと理解した上で募集・就労することが大切です。適切な健康管理が行われて、初めて企業も健全な利益を出すことができるのです。

保健師求人サイト人気ランキング