保健師 求人 被災地

被災地の保健師求人は?

日本は災害大国と呼ばれていますが、海外でも様々な災害が相次いでいます。こうした被災地への保健師求人はどのような形で募集がされるのでしょうか?

まず、ひとつめは災害が発生した際に支援として送り込まれるケース、そして復興時に送り込まれるケースが挙げられます。前者の場合、基本的に被災地側が募集することは希で、既に施設等で働いている保健師が被災地に出向くことになります。

被災地が保健師を募集するのは、災害が一段落し、これから病院や施設等を立て直す過程、つまり復興に際して募集するケースです。この場合は、今、施設等で働いているかなどのバックグラウンド関係なく応募することができるでしょう。

復興時の被災地では、言うまでもなく怪我や病気がまだまだ尾を引いている状況が予想されます。そんな中で保健師がすることは、看護はもちろんのこと、被災した人達の心のケアが中心となってきます。ですから、保健師だけでなく、心療内科医等とチームを組み、組織的に被災地全体の心を治療することになるでしょう。個々はもちろん、地域全体が心身ともに健やかに過ごせるようにならなければ、真の復興とは言えません。

施設や病院も復興中ですから、不足していたり不便なこともあります。そういった中で看護・保健の業務を行う必要があるわけですから、とても過酷な仕事だと言えます。しかし、被災地の人達は他に頼ることができません。内地はもちろん、支援として送り込まれる医師・看護師・保健師達を何よりの支えにしているのです。その期待を裏切らないよう、何が求められているかをしっかりと認識して、コミュニケーションを欠かさず、適切な措置・対処を講じることが必要となります。

また、被災地の求人の多くは、期限付きの場合と、そのまま復興後も定住する場合があります。これは募集時に選択するか、一定期間後に選択するかのどちらかになるでしょうが、自分の信念やライフスタイルなどから選択して構わないと思います。全てを投げ打って復興支援をすることは素晴らしいことかもしれませんが、支援する人が心身の健康を損ねては何の意味もありません。

ですから、もし看護師としても保健師としても経験が浅いのであれば、一定期間の支援を経験するというのもひとつの手かもしれません。人によっては、支援に出向き、そのまま定住するケースもありますが、必ず全ての人にそうしろということは困難です。ただし、被災地に出向いている間は、期間に関わらず責任を全うする事に専念しなければなりません。復興というのは簡単なことではありませんから、求人は常に出されていますが、半端な気持ちで応募することだけは避けたいものです。

保健師求人サイト人気ランキング