一般企業 保健師 求人

一般企業の保健師求人は?

一般企業と言うと定義が難しいですが、ここでは「一般企業=民間企業」という定義で一般企業の保健師求人について解説していきます。保健師の役割としては、従業員の怪我・病気の予防はもちろんのこと、健康管理・健康の促進などが挙げられます。基本的に医療行為は看護師の範疇ではありますが、特徴としては「予防」が挙げられます。発生してしまった怪我や疾患を治すのではなく、発生させない手段を講じることは、治療することよりも難しいことだと言えるのです。

保健師は、古くは製造業等の肉体労働が行われる職場において、労働者の怪我や病気を防ぎ、健康を管理するために設置されていました。そもそも日々事故のリスクがある現場ですから、看護も行える保健師はうってつけの管理者だったわけです。ところが、近年、製造業以外でも保健師の需要が高まりつつあります。それは、言うまでもなく、ストレス社会におけるメンタルヘルス問題です。怪我はしなくとも、疾患や心の病は誰でもかかる可能性があります。そういった疾患を発生させないということも、保健師に期待されている要素のひとつと言えます。

ですから、単に「××をしましょう」と指示して回るのではなく、時には1人1人へヒアリングし、特にはトップマネジメント(経営層)へ提言もするといった、上から下まで様々なアプローチを考えなければなりません。そうすることで、初めて「予防」という機能が期待できるようになるのです。

さて、そんな一般企業での保健師求人ですが、多くの場合、他の職種と同じような募集はされていません。保健師という資格が特殊な職能ですから、表立って募集することは少なく、専門の転職会社や人材派遣会社に依頼することが多いとされています(もちろん企業のウェブサイトで募集するケースもないわけではありません)。

これは、ただ秘密裏に募集したいと言うわけではなく、こうした人材会社は、信頼できる保健師を選別し、紹介してくれる可能性が高いと考えられているからです。また、「こんな人材が欲しい」ということを伝えておけば、そういった人材を探し出してマッチングしてくれますので、選考の手間も省けます。ですから、もしあなたが一般企業の保健師求人を探すのであれば、こうした人材会社を利用することをお勧めします。すぐに必ず望むような求人が出るとは限りませんが、タイムリーに求人を知らせてくれるサービスもありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

保健師求人サイト人気ランキング